養育費の概要

養育費とは?

養育費とは未成熟子が社会的自立を果たすまで必要とされる費用のことです。

養育費は民法の扶養義務に基づいた支払いになります。

具体的には生活費や学費、医療費などが該当します。

離婚などによって親権者でなくなった場合にも扶養義務が亡くならない限り、養育費の支払いを拒むことはできません。

養育費の期限

基本的に養育費を受け取ることができるのは「子供が成人するまで」となっております。

ただ年齢では成人していても経済的に自立していると判断できない場合(大学生も該当)は養育費を受け取ることが可能になります。

養育費の計算

本アプリでは実際に養育費の計算をシミュレーションできますが、裁判所が掲載している養育費算定表から表を使って知ることも可能です。

ただいずれの場合も相場を示すものであって強制力はありません。

未払いの養育費

世間では養育費を支払わない事例が数多く存在しますが、子供と親との間に扶養関係が存在する限り、養育費の支払い義務を放棄することはできません。

弁護士などに依頼するなどして確実に未払いの養育費を回収していきましょう。

離婚の原因が浮気

離婚の原因が浮気や不倫だからといって養育費の支払い義務を放棄することはできません。

養育費と面会交流の関係

「面会しないと養育費を支払わない」と言い張る方もいらっしゃるようですが、法的には根拠のないことで、2つに関係性はありません。

面会交流が子供に与える影響を第一優先に考えましょう。

再婚と養育費の関係

受取人・支払人どちらが再婚したとしても養育費の請求は可能です。

ただ再婚後の生活水準の変化によっては養育費の減額が認められることもあります。

債権(過払い金・養育費)計算シミュレーターは債権(過払い金・養育費)の相場の金額を計算するシミュレーターアプリです。 債権(過払い金、養育費)でお困りの方は当サービスのアプリをご使用いただければ幸いです。 *アプリはiPhoneのみの対応となっています。 *疑問点がありましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA