再婚を知られて養育費の支払いが止まった時の対処法

再婚を知られて養育費の支払いが止まった時の対処法

自分が再婚したことを元配偶者(元夫)に知られて、勝手に養育費の支払いが打ち切られてしまった場合、どのような対処法が求められるのでしょうか?

まず大前提として再婚をしたからといって、すぐに子供の扶養義務がなくなる訳ではありません。

そのため勝手に養育費の支払いを打ち切ることできないのです。

つまり養育費の支払いをしない元夫に対して、協議を持ちかけて支払いを督促するといいでしょう。

仮に母親の再婚相手が子供と養子縁組をしていて、収入が十分にあるといった場合でも勝手に養育費の打ち切りはできないので、協議を行うことができます。

それでも支払いをしない、提案を無視するようであれば強制執行を行うといいでしょう。

強制執行とはいわゆる差し押さえのことで、相手の財産や貯金、給料などから強制的に養育費の支払いをさせる方法です。

ただしいきなり強制執行はできません。

離婚時に養育費の支払いについて取り決めをしていて、それが執行受諾文言付の公正証書になっているのなら強制執行ができます。

ですが一般的には、そこまでして取り決めをしている人は少ないはずです。

そこでも元夫が勝手に養育費の支払いを打ち切ってきたのなら、弁護士に相談をしてみるといいでしょう。

養育費問題に強い弁護士であれば、どのように対処すればよいのか解決方法を提案してくれます。

また相手が支払いを渋ったとしても、弁護士に仕事を依頼しているのならスムーズに強制執行にまで持っていけるはずです。

債権(過払い金・養育費)計算シミュレーターは債権(過払い金・養育費)の相場の金額を計算するシミュレーターアプリです。 債権(過払い金、養育費)でお困りの方は当サービスのアプリをご使用いただければ幸いです。 *アプリはiPhoneのみの対応となっています。 *疑問点がありましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA